法の下での保護: 逮捕前に法律相談を求める重要性

法の下での保護: 逮捕前に法律相談を求める重要性 生活の知恵

おそくなりましたが、やっと映画「winny~不当逮捕から無罪を勝ち取った7年の道のり」を観ました。逮捕は突然やってきます。winny開発者の金子さんは逮捕直後警察に従って言われるまま調書に署名をしてしまいました。その結果、裁判でその調書が足を引っ張り冤罪被害者となってしまいました。

映画『Winny』|公式サイト
大ヒット上映中!東出昌大×三浦貴大 W主演、松本優作監督。ネット史上最大の事件、禁断の映画化!日本の天才はなぜ警察に潰されてしまったのか。

逮捕は突然やってきますが、金子さんほど突然やってくる人は稀です。逮捕の予感というものが逮捕される人にはおそらくあるのではないかなと思います。

その可能性が生じた際には、法的リスクを理解し、適切な対処法を知ることが不可欠です。この記事では、逮捕の前兆をいち早く察知し、法的な保護を確保するためのステップを明らかにします。

逮捕前に弁護士と契約する逮捕前契約というサービスがあります。その記事を参考にして、当記事は作成しました。

参考:逮捕前契約 | 須賀法律事務所 | 東京都港区西麻布の弁護士・法律相談

逮捕とは何か: 基本的な法的知識

逮捕とは、犯罪の疑いがある人物を法執行機関が拘束する行為です。逮捕された際には、沈黙権や弁護士と話す権利など、一定の法的権利が保障されています。

逮捕前の兆候とその対処法

逮捕の前兆には、捜査の関心が高まることや、取り調べの要請が増えることなどがあります。これらを見分けることができれば、弁護士と事前に相談し、適切な対処を計画することが可能です。

弁護士に相談するタイミング

逮捕の可能性が微塵でも感じられた時点で、直ちに弁護士に相談することが重要です。逮捕が現実のものとなる前に法的助言を受けることで、自らの権利を守り、状況を有利に導くことができます。

相談を受けるべき弁護士の選び方

専門分野が自らのケースに合致している弁護士を選びます。また、過去の成功例やクライアントからの評価を参考にすることも重要です。

逮捕前契約をサービスとして打ち出している法律事務所なら、事情は理解しているでしょうからおすすめです。

法律相談の実際: 事前準備と期待管理

相談には、関連するすべての文書や情報を準備しておくことが求められます。また、弁護士には明確な期待を伝え、受けることができるアドバイスの範囲を理解しておくべきです。

相談後のステップ: 逮捕を避ける戦略

弁護士からのアドバイスに基づき、具体的な行動計画を立てます。これには、証拠の提供や、場合によっては捜査協力の検討も含まれることがあります。

逮捕された時にでも納得できない調書に署名をしない等の基本的な取調べ方法のレクチャーをうけることができます。また、警察がどれだけ厳しく取り調べをしているのかを事前に教えてもらえるので、精神的に安定感を持って対応することができます。

警察の取調べはニュースでも度々問題になることがあります。事前に知っているかどうかで、精神的な安定感が違います。

問題のある取調べの様子

まとめ

映画「winny」を見て、日本の警察・逮捕での取調べの問題点を知りました。

被疑者にとってはとても辛いことです。警察にとっては自供を取ることが最優先、真実を明らかにするというのは後手に回っている印象があります。もし、逮捕の兆候を事前に知ることができたら速やかに弁護士に相談することをおすすめします。

参考HP:須賀法律事務所 | 東京都港区西麻布の弁護士・法律相談

コメント

タイトルとURLをコピーしました